旅日記@ポルトガル


2日目へ                     
7/12                     4日目へ


快晴です。朝は涼しくて20度くらい。

朝食は、B1Fで7時からということなので、早速行ってみます。

先客が1人だけいました。

地下で窓無しと少々暗い印象ですが、アズレージョ(ポルトガルの装飾タイル)の壁があって趣があります。

朝食ビュッフェは、種類が多くてうれしい。

これなら3日間飽きないでしょう。


B1Fの朝食レストラン アズレージョがきれいな壁 サーモンどどん!
甘い系パンもいっぱい これは、生チーズ類 生フルーツも豊富


8時過ぎにホテルを出発。

ホテル裏手のアントニオ通り沿いに少し下って道路を渡るとパルケ駅に着きました。ホテルを出て5分ほど。

とても立派な地下鉄駅です。


滞在先のホテルです パルケ駅舎


ここでリスボン市内の公共交通のICチケット1日券「Viva Viagem」を買います。

0.5€がデポジットで、それに24時間乗り放題分の3.75€を加えて、4.25€でした。

初め、自販機でこれを買おうと英語表記にして頑張ってみたものの?ってな顔をしてたのか、

「ったく~」って感じの地下鉄職員のおばちゃんが操作を手伝ってくれました。オブリガーダ♪

ICカードというより、紙のような感じで、薄くてすぐ曲がっちゃいます。

パルケ駅は、かなり地下深くて、壁が一面ブルーで、ちょっと薄暗い。


Viva Viagemカード どんどん奥深く下りて行きます @パルケ駅


ブルーラインで4つ目のバイシャ・シアード駅で下車。

バイシャ=低い土地という、言わば下町。リスボンで1番の繁華街です。

そんな街並みからちょっと奥に入ったところに唐突にあったサンタ・ジェスタのエレベータへ。駅から徒歩3分。

これに乗ると、バイロ・アルト=高い地区へ楽々行けるのです。

エレベータというより、まさにその姿は鉄塔。


街角にひっそりとありました サンタ・ジェスタのエレベータ 塔右下の入口


8時半ころ着いたんだけど、他に人の気配無し。動いてないのかな~?

そう思ったら、急に動いて上にあがってっちゃった!びっくり。営業中だったのね。

では、待ちましょ...とそのうち、地元の通勤?通学?ってな人々が並び出しました。

5分後くらいに、上から下りて来たのに乗り込みます。

1日券でピッで乗りました。(払うと1.4€)

内部は木製で年代物~って古さで、一応係員も同乗。

あっという間に、上まで登りました。眺めが最高です。


さぁ乗り込みます ちゃんと係員も同乗します 上ってきました
鉄塔の上からの景色 景色その2 景色その3


この辺はリスボンの中心地。どこも素敵な街並みが続きます。

カルモ教会の裏を通って、カモンイス広場に出ました。

ポルトガルの詩人カモンイスさんの銅像がある広場です。

この広場の角にあった、聖マリア教会へ入ってみます。素敵な教会でした。


右はカルモ教会 正面は、トリンダーデ劇場 ずっと坂道なリスボンの街並み
カモンイスさんの銅像 市電の右斜め前が聖マリア教会 ガイドブックには載ってない聖マリア教会


ちょっとトイレに行きたくなった..こういう時はカフェに入るのが手っ取り早い。

広場近くの「ブラジレイラ」というカフェが開いてたので、ちょっと休憩。

チーズタルト1.7€、お水1€をカウンターで買いました。

トイレが清掃中で少し待って、終わったようなので、階段を下りて地下のトイレを拝借。(便座あり)


ブラジレイラ レトロな店内 チーズタルト(激甘)&お水


このお店のあるガレット通りは、シアードと呼ばれるおしゃれな一帯。

入ったお店は、リスボン最古のカフェらしい。


@ガレット通り カモンイス広場 市電乗り場


次は28番の市電に乗ります。

カモンイス広場の市電乗り場で全然来ない28番を待ってたら、そのまん前にすごい行列が!

何だろ?と見上げるとブラジルの国旗がひらひら。ブラジルビザ待ちの列?


ブラジル大使館?@カモンイス広場


結局30分も来なかった28番。やっと来たら当然大混雑。スリに要注意ね。

カテドラル前で下車。他に誰も降りなかった..マイナーなのかな?

ここは、ポルトガル初代国王の命令で建造された大聖堂。

ここをバックに市電をパチリ。絵になるわ~


28番がようやく来ました カテドラル カテドラル内部


次は、737番のバスで終点のサン・ジョルジェ城(入口)まで行きます。

16世紀までは王宮だった中世のお城の城壁をちょっとだけ。

お土産屋さんでちょっとお買い物。


城壁だけ見学 お土産屋さんといい味のおばちゃん 何だかかわいい街並み


少し下ってサンタ・ルジア展望台(というか、展望テラス)へ。

テージョ川が一望できるテラスは、アズレージョの装飾が施されてます

あちこち剥げてますが..


サンタ・ルジア展望台のテラス サンタ・ルジア教会 テラスからの眺望


ここで、ひんただけ階段を下りて、アルファマ地区の路地裏散策に出かけて行きました。

足のため体力温存の私は、ポルタス・デ・ソル広場の日陰のベンチで待ちます。

「いや~すごいところだった。その足じゃ行かなくて良かったよ」と帰って来ました。

生活感たっぷりの迷路のような街並みで、どこも坂道だったって。


アルファマ地区への階段 猫ちゃん どこも坂坂坂


広場の前にある装飾芸術博物館の中にあるカフェ(10~18時)でランチです。

入り口で「カフェに行きたい」と係員に告げれば、入場料(4€)は不要。

中庭のテラス席もあり、素敵なカフェです。


右のあずき色の建物が、装飾博物館 おしゃれな中庭テラス 屋内はこんな感じ


軽食のセルフのお店で、サンドイッチ(1.6€)やチキンパイ(0.85€)、ビール(1€)が安くておいしかった。

ちなみにトイレもきれい。おすすめです。

この博物館の前は、ひっきりなしに市電が往来して楽しい。


カフェで軽くランチ 2Fのカフェへの階段下にあった馬車 市電が2台も!


再び28番の市電に乗って、サン・ヴィンセンテ・デ・フォーラ教会前で下車。

ひとつとして同じ外観の教会がないので、どこも素敵に思える。

続いて下り道を7.8分歩いて、サンタ・エングラシア教会もパチリ。


市電に乗ります サン・ヴィンセンテ・デ・フォーラ教会 サンタ・エングラシア教会


ここからどんどん下って、サンタ・アポローニア駅まで辿り着きました。

CP(ポルトガル国鉄)の駅で、あさってのポルトまでの切符を買いに来たのです。


駅は工事中 ヨーロッパの駅ですね 駅ホーム


前もってポルトガル語のメモを書いてきたので、それを見せて購入。

窓口の女性はきれいな英語を話してくれました。

乗る予定のアルファ・ペンドラー号は、特別特急列車で全席指定。

リスボンからポルトまで、2等で1人28.5€でした。(カード可)


長距離用窓口 無事切符入手♪


一旦ホテルに戻ります。

ここサンタ・アポローニアが地下鉄ブルーラインの始発なので、がらがら。


1日券をピッで乗ります ブルーラインが来ました 誰もいません


7つ目のサン・セバスチャン駅で下車。

行きに乗ったパルケ駅のひとつ先の駅です。

この駅は、スペイン系のデパート「エル・コルテ・イングレス」が直結していて、B1Fにスーパーやフードコートがあるのです。

お水やビール、お土産(お塩、いわし缶)を買いました。


いわし缶(1個1€くらい)、荒塩(1.1€)、ポテチ(1.89€)


このデパートを通り抜けてその端っこの出口から出て、そこの交差点を渡るとすぐホテルです。駅からだと5分くらい。

快晴で日差しは強烈なものの、風が涼しくて湿度も低めで過ごしやすい天候です。

とはいえ、骨折した右足はまだ不安定。

ホテルのお部屋で、1時間ほど休憩しました。

のんびりしても、この時期のポルトガルの日没は21時と、時間的な余裕は十分。





15時半に再出発。

パルケ駅から地下鉄ブルーラインで5つ目のテレイロ・ド・パソ駅で下車。

コメルシオ広場に出ました。

まるで海のように広いテージョ川に面したとっても大きな広場です。

ここは、観光客でいっぱいでした。


勝利のアーチ門 ジョゼ1世騎馬像@コメルシオ広場 アーチ門から続く美しい回廊
珍しい2両連結の市電が来たのでパチリ アーチ門をくぐると、ブランド店が並ぶアウグスタ通り 海のようなテージョ川に面したコメルシオ広場


回廊沿いに少し歩いたところにある「パウロのカステラ」でお茶。

長崎で修行したパウロさんと日本人の奥様が営むカフェです。


パウロのカステラ お店のようす


店内は、地元の方がランチ(オムライスやハンバーグなど)してました。

カステラセットと抹茶&小倉アイスでほっとひと息。

ここでも、奥様から「スリに気をつけてくださいね」と言われちゃいました。怖い~


抹茶と小倉のアイス カステラとお茶セット


コルメシオ広場に戻り、25番の市電でルア・デ・サンパウロ・ビカで下車。

ビカのケーブルカーに乗るのです。

建物といい、その狭さ(7,8人しか乗れない)といい、何ともいえない歴史を感じます。


ビカのケーブルカー乗り場 ここから乗ります 運転席~♪


20分くらい待って、やっと乗れました。それでも、すごい上り坂なので歩くよりずっとまし。

乗ってたのはたったの数分。頂上?に到着。

ここまで上ってしまえば、後は楽ちん..のはず。


壁すれすれ すごい急坂です 落書き汚い...


ここで28番の市電をつかまえて、エストレラ教会前で下車。またも他に誰も降りず。

ドームが美しい白亜の教会で、とっても優雅。

こんなに素敵なのに、何故誰も来ないんだろう。28番に乗ってるたーくさんの観光客ってどこに向かってるの?

教会前の公園でひと休み。


エストレラ教会 教会内部 教会前の名もなき公園


再び28番でカモンイス広場まで戻って来ました。

サンロケ教会まで5分ほど歩きます。

日本でも有名なイエズス会の教会です。

~17時と聞いてたけど、まだ開いてました。よかった。


サン・ロケ教会 教会の中 パイプオルガン


教会を出て左の狭い歩道を登っていくと、サン・ペドロ・で・アルカンダラ展望台に出ます。

そこにケーブルカーのグロリア線が待ってました。

急いで乗り込みました。長椅子でこれは15人くらい乗れます。


グロリア線のケーブルカー また落書き汚い


レスタウラドレス広場に下りてきました。

周辺にはホテルが並んでます。

この辺に泊ると便利そうだけど、ちょっとにぎやかで騒々しいかな。


レスタウラドレス広場


地下鉄ブルーラインでホテルに戻りました。

ひと休みして、夕食に出かけます。

昼間に一旦部屋に戻った際に、ランチ客で満席なのを見かけたお店に行くことにしました。

ホテル裏手の角にある「Solar do Morais」というお店です。

前菜に今日のスープ、メインに干し鱈のフライ、牛肉の煮込みを注文。

最初に、パンやパテ、バターが出ますが、これは全部有料で別料金なのがポルトガル式。


Solar do Morais お店のようす(TV見てるのはお店のおじさんです) パン(1つ0.45€)、パテ&バター(1個に付きそれぞれ0.85€)


スープは、「アレンテージョ風味」という名前。これが全く×だった..

我が家は香草がダメなんだけど、これでもかっ!とたーくさん煮こんである。よけるのも無理。

味は薄くて、ぼんやりしてるのに、強烈に香草が自己主張してるスープでした。

メインの魚と肉は、特に不味くはなかったが、まぁ普通。

値段は、メインが7~9€くらい。英語メニューあり。

昼間混んでたのは嘘のように、20時になっても他にお客さんは1人だけ..

デザートを勧められたけど、会計を済ませて出ました。(飲み物などで計22.3€)

何故ランチだけ人気なの?特別安いの?それともこの味はポルトガル人好みなの?


Sopa Alentejana 1.9€ Filetes Bacalhau 8€ Aba vitela 7.5€


お口直しに、さっき行った駅のデパートまで行って、アイスを買って食べました。

今日のリスボン市内観光ルートは、ひんたが私の足を考えて「なるべく歩く距離を最小限に」と、プランを練ってくれたもの。

21時を過ぎるとようやく陽が落ちて薄暗くなります。

明日は、1日バスツアーに参加。現地ツアーなので、ガイドさんは英語です。頑張ろうっと..


ハーゲンダッツ 2.2€





欧州TOP 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目