旅日記@台湾


.                           4/30                          


前日の予報では雨&雷マークで、朝起きたら小雨模様。

8時過ぎに、43Fのレストランまで朝食に行きました。

入り口で朝食券(日付入)を渡します。

ビュッフェは、高級ホテルの朝食の定番って感じの品々が並んでました。

その場で作ってくれる麺類や、卵料理、点心も豊富。

珈琲、紅茶は今いち。

客層は、白人ビジネスマンから日本人ツアー客まで様々でした。


カジュアルで明るいレストランです しっかり焼かれたオムレツ 麺(八角強め)
お粥(トッピングいっぱい) シュウマイや豚まんなど フルーツは普通


帰りに40Fのラウンジに立ち寄り、新聞を読みました。

ラウンジの朝食は、ぱっと見じゃそれなり。(珈琲はおいしい)

やっぱり明日も43Fに行くことにします。


ラウンジの朝食 ラウンジのソファー 珈琲をいただきました


10時になるのを待って、ANA旅割の先行予約開始。急げ〜〜〜

希望便を何とか押さえて、完了です。

雨も止んだみたい。さぁ、出かけましょう。





10時半にホテルを出発。

MRT中央公園駅まで歩きます。

公園内を通り抜けて12分ほど。気持ち良い温度でさわやか〜


中央公園 MRT駅入り口 あと3分で電車が来るみたい


切符を買い、MRT左営駅まで乗りました。(22元)

まだ出来てまもない地下鉄なので、とってもきれい。

飲食は罰金だそう。


厳禁飲食(罰金高っ) 電車が来ました 車内のようす


駅からタクシーで孔子廟まで行きます。(110元)

ここまで車で来ちゃえば、後は何とか徒歩で乗り切れそうです。

高雄孔子廟は、台湾各地に数ある孔子廟の中でも最大の大きさで、かなりの広さ。

美しい本殿を見学した後、池のほうに行ってみたら、太鼓橋のたもとに蓮がたくさん咲いてました。


高雄孔子廟入り口の門 大成殿 回廊の天井が美しい
どこも静かできれい 池側のようす 蓮が咲いてました


ここから蓮池潭をぐるりと廻ります。

まず、遠くからでも見えて巨大な「北極亭玄天上帝神像」♪

とにかくデカイ。高さ21m!

道教の神様で、
これまたデカイ剣を持って蛇と亀を踏ん付けてます。





今日は平日で空いてて、人も少なく写真も撮りやすい。

次は、関羽
を祭ってる「春秋閣」

春閣・秋閣の2つの塔があり、龍の口の中へ入っていくと、中はいろいろな絵が描かれています。

どちらも手の込んだ造りですが、紅白のメガ幸子を思い出してしまうのは何故かしら?


春秋閣 龍の口から中に入ります ここも蓮が満開です
龍の中の絵 龍と塔 塔から啓明堂を見る


春秋閣の奥の長い橋を進んでいくと、「五里亭」があります。

美しいこのショットはよくガイドブックに載ってますね。

但し、この塔の1Fに何のためか子供用の遊具がたくさん置いてあって、不似合いな印象。


五里亭 五里亭2 五里亭3


次は、前回も来た龍虎塔。

(ここまでで疲れきってしまい、その先に進めなかったのだ)

高雄観光のメインスポットです。

「龍の口から入り、虎の口から出る」と、今までの悪行が帳消しになるらしい。

ジグザグの通路(悪魔除けのため)を通り、龍の口から入りました。


釣りしてる人多し 龍虎塔へのジグザグ道 龍の口から入り・・
虎の口から出ます 内部のようす やっぱり絵になるところですね


台鉄左営駅まで歩きます。(10分くらい)

帰りは、左営駅から各駅で高雄駅まで乗って帰るつもり・・

ところが、電車本数少なっ! 1時間に1〜2本しかない。

次の高雄行きは30分以上待つ・・それならここからタクシーで帰ろう。

ということで、駅前でタクシーを拾い、ホテルに戻りました。(230元)


台鉄左営駅


ホテル近くのお店で遅めのお昼にしようと、お目当てのお店を探すが、見つからない。

延々と探すも見つからず。

疲れ果てたので、ホテル10Fの「紅陶上海湯包」に行きました。

小籠包180元、蝦豚入り蒸餃子220元、ワンタンスープ150元を注文。

どれもきちんと作られた感があって、おいしかった。


紅陶上海湯包 上品な内装のお店です 丼の中は、生姜が山盛り
小籠包 蝦わんたんスープ 蒸餃子


お部屋でひと休み。

晴れてきたので、プールで泳ぐことにします。

プールは11Fにある屋外のプールで、宿泊者は無料。

フロントを通らないで行けるので、水着の上にバスローブで行ったら、入り口で止められた。

「服着て来い」と言われたのです。

へっ?! 何故?そんなこと言われたの初めてよん。

「フロントやロビーを通らない場合は、バスローブでOK」というのが世界の常識ではないの?

入れてくれないので、一旦部屋に戻り、Tシャツ&短パンを着て再び出直しました。

プールまで誰とも会わずに来たので意味ないと思うんだけど。

さぁ、がんがん泳ぎます。

ちょっと水温が低いけど、1度入っちゃえば大丈夫。

こんな気温(26度)じゃ台湾人は泳がないのか、プールは貸切でした。


ホテルのプール ホテルのプール2


続いて、サウナと大浴場。

こっちは現地の方でいっぱい。

水着でロッカールームに行ったら、おばちゃんたちが一斉にびっくり仰天って感じ。

「泳いだの???」ってことでしょうか・・

ざっと体を洗って、湯船に入ろうとしたら、おばちゃんたちが頭を指差してぎゃーぎゃー仰る。

何?わかんない〜 えっ?シャワーキャップかぶれって?必須なの?

入り口まで戻って、かぶりました。蒸れるから嫌いなのに・・

その後、シャンプーして「またキャップかぶるのか〜ヤダな・・」と湯船を見るとタオルぐるぐるでも良いらしい。

常連さんばかりらしく、みなさん知り合いっぽい感じ。

薄いガウンを中まで着て来るとか、暗黙のルールって、新参者にはいろいろわからないことだらけです。

基本、台湾の人は親切(お節介)なので、教えてくれるんだけど。ちょっと疲れた。


サウナ&大浴場入り口 入り口にあったソファー


18時過ぎにラウンジに行きました。

先客は誰もいません。

18:15ころ、カクテルタイムの準備完了。

乾き物のおつまみ数点とアルコールだけ。少し期待外れでした。


カクテルタイムのラウンジ アルコールのワゴン ビールは缶ビールでした


夕食に出かけます。

今夜行くのは、対岸の旗津というところ。

まずは、タクシーでフェリー乗り場まで。(135元)

10分おきに出てる地元のひとたち御用達の渡し船です。(15元)

バイクもいっしょに乗り込むので、ちょっと排気ガス臭い。

たったの5分で旗津に着きました。


フェリー乗り場 大人15元 フェリーに乗ります


メインストリートの両側に海鮮料理店が並んでます。

まずは、旗津天后宮にお参り。

ライトアップがきれいと聞いてたけど、うーん何かイメージと違った。


旗津天后宮横の門構え 旗津天后宮


通りを進んだら、向こう側の海岸に出ました。

地元のカップルや家族連れがのんびり寛いでます。


旗津メインストリート 海岸広場の噴水


元の道を戻って、「文進」というお店に入りました。

材料と調理法を選ぶ方式。

匁の時価が書いてあるので、これをこの位ちょうだいって感じ。

蝦は炒(ツァオ)、牡蠣は炸(ザー)とお願い。魚は「シオヤキ?」っておばちゃんが言ってくれた。


文進活海産 秤で値段が決まります 海産物がいっぱい


蝦の炒め物200元、牡蠣の揚げ物100元、魚の塩焼き400元、キャベツの炒め物100元を注文。

ビールは冷蔵庫から勝手に持ってきて、ハイネケン90元。

ちょっと多かったかな?と思ったけど、おいしかったので完食。


「文進」店内のようす 蝦の炒め物
キャベツの炒め物 魚の塩焼き サービスの西瓜


帰りに、真空パックのからすみ(350元)と、焼いてあるつまみ用(200元)を買う。

(DFSなどよりかなり安い)


店頭で売ってるからすみ 早速ホテルで晩酌です


またフェリーに乗って対岸まで戻り、タクシーでホテルまで。(125元)

フェリーに乗り込むバイクがとにかく凄まじい。


バイクがドドドっと来ます


ホテルの下のデパート(漢来百貨)でお買い物。

B1Fのスーパーで、特売だったマンゴー(計り売りで61元)などを買いました。

お部屋で食べます。熟してて美味でした〜♪


買って来たマンゴー 切ってみました





アジアTOP 1日目 2日目 3日目 4日目 5日目