旅日記@ソウル


連休にちょこっとソウルに行って来ました。

行きは、年末から使い始めたANAスタアラ特典の最終区間を使って飛び、

帰りは、GWの台湾行きに繋ぐJAL特典を利用開始。

去年ソウルに出来た「東横イン東大門」に泊りました。

(行くまでのいきさつは、こちら






.                             3/20                           


久しぶりの成田1タミのANAです。

春休みだし混んでるかも・・と早めにお出かけ。

出国審査は長蛇の列だったので、指紋認証ゲートを利用。

ラウンジはでっかい外人さんが目立つものの、そんなに混んでません。

ここはPCもいっぱいあるし、マッサージチェアも完備。

食べ物系に拘らなきゃ、とっても快適です。


持ち出し防止?のためか、おかきが瓶入りに・・ マッサージチェアは3台


ANAの仁川便は小さなA320型機で3-3の座席。

CAさんの会話で「159名です」って聞こえたので、ほぼ満席。(定員は166人)

冷たいお弁当を食べて、少しうとうとしたら仁川到着。


沖止めです いつものお弁当です


両替して(2万円≒240000W)、カウンターでバスチケットを買います。(楽天のクーポンで8000W)

5Bのバス停から6015番に乗ります。

最初のバス停の麻浦駅で下車。(約50分)

てっきりベストウエスタンホテルの前で降ろされると思ってたら、大きな道路のど真ん中のバス停でした。

がらがらとキャリーを転がして横断歩道を渡り、地下鉄を探します。


6015番バスは明洞方面行き 麻浦駅バス停


バス停から左後方方向に5分ほどで入り口を確認。

1番出口の先を右に曲がり少し行くと、その辺がデジカルビ通り。

真っ先に目に付いた「元祖チョバッチ」というお店に入りました。

地元の人で混んでたので、きっとおいしいだろうと・・

靴を脱いで上がるお座敷式のお店です。


元祖チョパッチ 店内のようす 満席です


デジカルビ(10000W)を2人前注文。

炭火で焼いて、はさみでチョキチョキ切っていただきます。

柔らかくてウマウマ。

〆のごはんと味噌汁(1000W)をお隣の方が頼んでくださいました。

これが激辛でびっくり。そう見えないのにね。

安くておいしいデジカルビでした。大満足です。


付け合せ デジカルビです! ごはん、味噌汁、キムチ


さて、エスカレータだった2番出口から5号線に乗ります。

東大門歴史文化公園駅(旧東大門運動場駅)で下車。

ホテルHPだと4番出口と書いてあったので、一生懸命探します。

やっと見つけたそこは、長い長い階段でした。

これが噂に聞いてた「心臓破りの上り階段」なのね。

ふぅふぅ言いながら頑張って上り、左方向に少し行くと見慣れた外観のホテルが見えて来ました。

フロントは全て日本語でチェックイン。


東横インソウル東大門 フロント PCコーナー


お部屋は禁煙フロアの6階。

中に入ると、見覚えのある東横インそのもの。

但し、窓から見える景色は、ソウルのドヤ街の屋根ですが・・

何だか空がクリーム色だね〜と思ってたら、黄砂でした。

この時期は、マスク必須!と思いました。


禁煙ツイン デスク ユニットバス
ツインのお部屋は2つだけ 窓からの景色 光照門が見えます


ちょっとひと休みしてから、東大門までお出かけ。

ビル群まで歩いて10分くらいかな?

以前は、歩道という歩道全部に変な露店が出てて、いかがわしさ満点だったのに、何だかすっきり。

工事中なところが多く、ちょっと歩き難い感じ。


夜の東大門あたり


ライトアップした東大門がとてもきれいでした。

南大門が修理中だから?か、三脚きっちり!のカメラマン多数。

清渓川の夜景も撮ろうと行ってみたら、真っ暗。

あらら、ライトアップしてない〜と残念がってたら、突然点灯!

どうやら19時から始まるようでした。


東大門の裏側から 東大門正面 清渓川のライトアップ


地下鉄で夕ごはんに向かいます。

新村駅で、えっちゃん親子と現地在住のお友だちと待ち合わせ。

この辺りは、学生街で若い人で街中いっぱい。

1軒目は満席で断られ、2軒目に無事5人座れたのが、「春川家タッカルビ」です。


春川家タッカルビ@新村 びっしり満席です


大量のキャベツと鶏肉。真っ赤だけどそんなに辛くない。

ある程度お肉が焼けたら、麺投入。(この辺のタイミングは全部店員さん任せ)

最後にごはん、余ってたキムチなどを入れて、混ぜ混ぜ。

チーズも載せて完成♪

とってもおいしい〜

5人分全部で33000Wとお安くて、大満足でした。


焼く前 焼けました 麺も入れて・・
付け合せ ごはんを混ぜて・・ チーズを載せて・・


次はお茶タイム。

「flanel(プラネル)」という、ビルの2Fにあるカフェです。

飲みものは大体5000Wで、何杯でもお替り自由。

自家製のシュークリームもおまけに付きます。


「死ぬまでお替り無料」って書いてあるそう flanel カプチーノ&おまけのおやつ


タッカルビのお店も、このカフェも、現地在住のお友だちが全部通訳して注文してくれて大助かりです。

やっぱり、ハングルが挨拶しか判らない身の上では、この辺のディープなお店は難しそう・・

身振り手振りで乗り切れるかしら?

22時半までお喋りして、お別れ。

地下鉄でホテルに戻りました。

この日のソウルは、気温が2℃くらいで、とっても寒かったです。










アジアTOP 1日目 2日目