旅日記@香港


                           12/31                          


7時にラウンジに行き朝食。

他に1組いるだけ。(後からも数組しか来なかった・・)

普通のラウンジ朝ごはんです。

オムレツは注文製。点心も少しあり。


ラウンジ入口 朝食セッティング@ラウンジ 作ってもらったオムレツ
パンやデニッシュ類 くだもの 点心など・・今日の朝食です


天気は曇り空のすき間からたまに太陽が出る感じ。

ペニンシュラの向かいに最近出来たばかりの「1881ヘリテージ」に行きます。

1997年まで香港水上警察本部として使用されてた建物で、今はモールになってます。

なかなか絵になる風景です。


1881ヘリテージ案内板 正面から見たところ 下部はモールになってます


そのまま北方向にずんずん歩いて、九龍公園へ。

ビル群の中の都会のオアシス。日比谷公園?みたいな感じ。

色取り取りの花や、そのそばで太極拳する人。

水辺にはフラミンゴまでいました。


九龍公園入口 モスク 色んなことやってます
九龍公園その2 フラミンゴもいる鳥湖 九龍公園その3


佐敦まで通り抜けて、裕華国貨に入りました。

ここは前にも来た事がある、中華系デパート。

B1Fの食品フロアでお買い物。


裕華国貨 にんにくペースト(11)、叉焼ソース(15HKD) 北京蜂王精(216HKD)


佐敦駅からMTRに乗り、2つ目の旺角駅で下車。

C3出口で繋がってるランガムプレイスへ。

ここの4Fの「池記」に入りました。蝦雲呑麺の有名店です。

時間が早かったのですぐ座れましたが、あっという間に満席になりました。


@ランガム・プレイス 池記 @店内


明るく入りやすいお店で、日本語メニュー完備。

蝦雲呑スープ(24HKD)と、中国語メニューにしか載ってない蝦雲呑麺(小)14HKDを注文。

蝦雲呑は、スープの方は8個、雲呑麺(小)は2個入り。

蝦雲呑を5つずつ&縮れ麺も半分こして食べました。

ぷりぷりのえびがすごく美味でございます。スープも出汁が効いてました。


テーブルセッティング@池記 蝦雲呑スープ 蝦雲呑(小)


ビルの外に出て、真向かいにある「許留山」でデザートです。

マンゴープリン燕の巣風(30HKD)をいただきました。

すっきりした甘さでおいしい。


@許留山 Mango Pudding with Bird's Nest クリスマス特価だそう(うちのは35→30HKD)


MTRで尖沙咀駅まで乗り、ホテルに戻りました。

ラウンジでチェックアウト。

クラブルーム泊で全部込み28000円ちょい・・立地が抜群だけどちょっと古いかな?





「徒歩でインターコンチに泊りに行くのはみっともない」と聞いて、そりゃそうだと思い、タクシーに乗ります。

直線距離は700メートルくらいだけど、荷物代取られて、30HKD掛かりました。


インターコンチネンタルホテル香港 ホテルのロビー


大晦日でしかも特典の無料宿泊。

期待はしてなかったけど、やっぱりお部屋は山側でした。

それでも一応UGしてくれたらしく、とっても広いお部屋。

ちょっと調べたいことがあったので、ネットを繋いだらここも有料。(1日150HKD)

(無線LANだといろいろ飛んでてキャッチ可能)


14Fのお部屋 ベッドからみたところ&オットマン付きソファ デスク
バスタブ(可動式シャワー付き) シャワーブース(可動式) 独立したトイレ
大きなウォークインクローゼットあり アメニティいっぱい お茶が届きました


さて、お昼その2を食べに行きます。

ワンペキン11Fの「王子飯店」に入りました。

白クロスならぬ、ピンククロス・・高いかも。しかも眺め良し。


王子飯店入口 @王子飯店のようす 座席からの眺め


〜15時まで飲茶タイムと思ったら、持ってきてくれたメニューは普通のものだけ。

でも、お隣は飲茶食べてる・・頼んでようやく飲茶メニューをゲット。

アスパラ入蝦蒸し餃子、小籠包、あわびの蒸し餃子、エッグタルトを注文。

どれも熱々出来立てでおいしい〜♪

(「JCBで10%引」は、大晦日は使えず・・)

サービス料など込みで、全部で216HKDでした。

味は良いんだけど、ちょっと気取った印象かな。


テーブルセッティング@王子飯店 アスパラ入りえび蒸し餃子
小籠包(でかい) あわびの蒸し餃子(1つで48HKD) エッグタルト(38HKD)


時計塔や星光大道を通ってホテルに戻ります。

風が段々強くなってきて、ちょい寒い。(15℃くらい)

香港の方は、ダウンや皮ジャン着てます。


時計塔 ヴィクトリア・ハーバー あちょーっ!


17時過ぎにホテルを出て、夕食に出かけます。

ネイザンロード沿いの「鴻星海鮮酒家 尖沙咀店」に入りました。

大晦日でも特に予約とか要らない感じ。

日本人客ツアー客数組がいました。


鴻星海鮮酒家 尖沙咀店 入口にある生簀(いけす) 個室で麻雀やってました


ひんたが香港で食べたい!と願ってた「火焔酔翁蝦(168HKD)」がメニューにありました。

「酔っ払い蝦」なるもので、「生きたえびを酒に漬けてから焼いて食べる」料理だそう。

他にかにと帆立のスープ、もやしと牛肉の焼きそば、香港政府観光局のクーポンで1皿無料だったきのこの料理など注文。


@鴻星海鮮酒家店内のようす テーブルセッティング@鴻星海鮮酒家 蟹と帆立のスープ(48HKD)
えびとあわびの料理(38HKD) もやしと牛肉のあんかけ焼きそば(68HKD) クーポンでサービスのきのこの料理(支払うと115HKD!)


さて、メインのえび。何と目の前で調理してくれるとのこと。

パフォーマンスさながらで、ひんたも参加してかき混ぜました。パチリ。

何せ生きたえびで作るので、旨いっ!甘いっ!

「これだけを食べにまた香港に来よう」と2人で誓ったほどのおいしさでした。


アルコール分に火が入って・・ ひんたも混ぜます 火焔酔翁蝦


他の料理も普通においしくて、スタッフの手際も良いし、かなり好印象なお店です。

白クロスのお店の割りにそんなに高くなくて、全部で403HKDの支払いでした。





外に出ると、ネイザンロードはすでに車両通行止め。

逆に歩道の人たちは、これからまだまだ増えそうです。

とっととホテルに戻りましょう。

インターコンチも宿泊者やレストラン予約者のみ通行可になってました。


車のいないネイザンロード 夜のインターコンチ


水着&バスローブで3Fにあるプールに行きます。

といっても泳ぐのではなく、目的はジャグジー♪

インターコンチのジャグジーは、香港島の夜景を見ながら入れる素敵なジャグジーなのです。

(係員が居て、部屋番号を告げるとタオルをくれます)

「泳ぐな、上るな」と注意書きがあるほど大きいジャグジーで、熱さも3段階。

気温が低いので、一旦入ると寒くてデッキチェアでのんびり〜っていうのは無理ですが・・

目の前の星光大道は、見てるうちにどんどん人が増えていってこの先どうなるんだろう?って感じ。


プール入口 夜景を見ながらのんびり入れます とにかく大きなジャグジーです


30分ほどでお部屋に戻りました。

シャワーを浴びてTVを点けたら紅白やってます。

メガ幸子に大笑い。

そうこうしてるうちに、閉鎖されてるホテル向かいの道路は歩道がびっしり人で埋まりました。

救急車が来たり、ぐおぉ〜という怒号が飛び交ったりと騒然とした雰囲気。


ペニンシュラホテル前は人がいない・・ インターコンチの前はものすごい人人人 拡大すると・・こんな感じ


24時少し前に寝てたひんたを叩き起こして、ロビーに下りてみました。

相変わらず、うるさいバンド演奏と盛装したお客さんで賑わってます。

ホテル利用客しかロビーに入れない為、大混雑ってほどでもない。


星光大道に集まる人々 1Fロビーはそんなに混んでません パーティやってます



カウントダウンが始まり、新年と同時に花火が上がりました。

新年進歩!(あちこちにこう書いてある)


2010年の花火 外はものすごい人です 新年進歩♪








アジアTOP 1日目 2日目 3日目 4日目