旅日記@
香港


                          12/30                          


7時に起きて窓の外を見ると、昨夜は閑散としてた空港内が大勢のお客さんでいっぱい。

ホテル前の長椅子には寝てる人もいました。ここで夜明かししたのかな。

確かにここならベンチで寝られそう。


トランジットホテル前のロビー ホテル前の長椅子


まずは朝食を食べに出ます。

途中に乗り継ぎカウンターがあったので、そこにいたOZのお姉さんに聞いてみたら、TGはサテライト側でチェックインとのこと。

あら残念。ボーディングパスが貰えません。

ということは、本館のDFSではお買い物出来ないってわけ。





気を取り直して朝食です。

以前、SQのラウンジがあったところが、フードコートになってました。

プルコギ定食13000Wとサムゲタン15000Wを食べました。

どこでもカード可なので、ウォンを持ってなくても大丈夫。

朝早くから韓国ごはん食べて元気もりもり。


@フードモール プルコギ定食 サムゲタン


ホテルに戻り、9時にチェックアウト。

シャトルトレインに乗ってサテライト側へ。

122番ゲート前のトラスファーデスクでチェックインします。

ここでは、パスポートと、TGのEチケットの他に、仁川まで乗って来たNWの搭乗券も必要でした。

サテライト側のDFSは数が少ないものの、「やたら熱心な売り子」もいないので気楽に買い物可能。


外は雪で真っ白です トランスファーデスクでチェックイン


向かいのエスカレータで上がり、OZのラウンジに行きます。

食べ物は「がっつり!」とまでは無理な感じかな。

でも、マッサージやネット(全部無料)もあり、居心地良好です。

空いてるせいもあって、落ち着いた印象。


アシアナラウンジ ラウンジのようす テーブルと椅子の食べるコーナー


10:50発TG629便は、ほぼ満席。

3-3-3の座席列の後ろの方で2席だけで座れるところを指定。

定刻から少し遅れて動き出したと思ったら、真ん中のところに移動して、「羽の雪下ろし」の順番待ち。

結局30分以上遅れて仁川を離陸。

シートTV無し。機内食はまぁまぁ。


タイ航空に乗ります 「シュリンプ」を選択 ほぼ満席です


そのまま25分遅れで香港に着陸。

気温は18℃と快適♪

長い入国審査の列を20分ほどで通り抜け、税関はスルー。

外に出てすぐ右のエアポートエクスプレスの切符売り場に並びます。

ここならカードで買えるのです。(2人用140HKD)

ひんたに並んでてもらい、私は向かいにあるトラベレックスで両替の列に並びました。

全く香港ドルを持ってなかったのでちょっとだけ両替。(50$=358HKD)

空港駅でオクトパスも購入。(1枚150HKD)


空港の両替所 2人用のエアポートエキスプレス切符 真っ直ぐ進めば駅があります


エアポートエクスプレスは意外と空いてました。

20分で九龍駅に到着。

ひとつ上の階に行き、無料連絡バスを待ちます。

ホテル名を告げるとK3の列に並ぶ様指示されました。


エキスプレスは荷物置き場完備 九龍駅でバスを待ちます あちこち行きのバスが出ます


バスに乗ります。

ホリディ・インは3つ目だけど、途中が大渋滞で30分近く掛かってようやくホテルまで到着。

着いたら、空港へ向かう人たちが大勢乗り込んで来ました。


K3のバスに乗ります ホリディ・インに着きました


1Fフロントが混んでたので、そのまま18Fのラウンジへ直行。

こちらでチェックイン。

「飲みものでもどうぞ」とのこと。ちょうどお茶タイムでお菓子があったので少しだけ頂きました。


@ラウンジ マフィンやクッキーがありました


案内されたお部屋(18Fのダブルルーム)に行くと、何故か灰皿完備。そしてとっても臭い・・

すぐそのままラウンジにUターンしました。


18Fの喫煙ダブルルーム


「禁煙で予約してるはず」と言うと、あっさり別の部屋にしてくれました。

禁煙フロアの17Fのお部屋に入ると、さっきよりベッドが大きい〜それに何だかお部屋が豪華♪

もちろん臭くありません。結果オーライです。

(でも、「ホリデイ・インはネットが無料」って香港ナビに書いてあったけど、1日180HKDですって・・)


17Fの禁煙キングベッドルーム ソファなど デスク
TV ポットなど バスローブ、アイロン、金庫など(スリッパは使い捨てペラペラ)
洗面台 アメニティ(比較的多め) バスタブ(浅め)、シャワー(固定式)


気温が低いので泳ぎませんが、屋上のプールを見に行きました。

監視員がいるってことは、誰か泳ぐのかな?


プール


お隣の重慶大厦に両替に行きます。

1Fより2Fのほうがレートが良いと聞いてたので、2Fに行ってみました。

$からの両替レートが、1Fは7.33で2Fは7.34とちょっぴりお得。(空港は7.17)

やっぱり空港はレートが悪いですね。

ペニンシュラに行き、お土産のチョコを買いました。


ネイザンロード ペニンシュラ チョコ(それぞれ180HKD、110HKD)


ホテルに戻り、カクテルタイムのラウンジに行きます。

18時〜だけど、17:45くらいから始まってました。

食べ物も数種類あります。

しばしまったり。


カクテルタイム@ラウンジ おつまみも豊富


今夜は「オープントップバス&ビクトリアピーク夜景観賞(トラム付き)」というツアーに参加します。

集合場所は、ニッコー香港ホテル前のDFS玄関。

ホリディ・インから歩いて向かいます。

途中夜景やイルミネーションを撮影しながら15分ほどで到着。

この時期の香港はどこもかしこもキラキラ。


Mody Rd. イルミネーションその1 イルミネーションその2


ちょっと早く着いたので、DFSをぐるり。

指定時間の10分前に集合場所に行くと、既に案内開始中。

グループの列の最後尾に並びます。

老若男女、カップル、家族連れなどで、今日は満席だそう。

オープントップバスに乗り込みます。


オープントップバス♪ 屋根なしです 看板の始まり〜


「尖沙咀〜旺角地区」のネオンや看板すれすれをくぐって走ります。

気温は15℃くらいかな?寒くはないけど風が冷たい。

薄手のコートでちょうどよい感じ。

20分ほど走って、記念撮影なんかして、その後は普通のバスで香港島に移動。


手を伸ばせば届きそう〜 ネオンがきらきら 途中撮影のために5分ほど停車


ピークトラム乗り場近くでバスを降りて、トラム乗り場へ。

一般客のぐるぐる渦巻きとは別の「月極パス保持者、ツアー参加者」という列があり、1台だけトラムを待ちました。

ガイドさんお奨めの進行方向右側に無事座れました。


ピークトラム乗り場は大混雑 ツアー用優先列 ピークトラム


7分で山頂に到着。駅ビルです。

ここで20分間の自由行動。(名前を呼ばれた人から解散)

夜景を撮影しまくるものの、以前来た時より灯りが少ない。曇り空のせいかな?


ピークトラム山頂駅 100万ドル?の夜景 100万ドルの夜景?その2


10分ほど撮影してたら、突然の降雨。

急いで駅ビルに戻り、トイレを済ませて集合場所に戻りました。

ツアーって、自由行動の時間より、ただ立って待ってる時間の方が断然長いよね。

下りはバスでホテルまで送迎・・ってことだったんだけど、ここでも待たされる。

もう1組の同じ会社のツアーと合同で2台のバスに分乗・・これがかなり手際悪し。

バス毎にホテル名を告げてくれれば、勝手に乗り込めるのに、名前を呼びホテルを確認して、「あなたは1号車」という仕組み。

何とか2台に分乗したものの、「ホリディ・インの人は1号車へ移って」と指示され、ぞろぞろ10人くらいで降りて移動・・

その人数の多さに「こんなにいるの?!」とガイドさん。

日本語能力も今ひとつだし、何より慣れてなくて手際悪過ぎ。





ようやくホテルに向けて出発。

途中で2号車から数人が1号車に移動して来たり(間違ったから移れとガイドに言われたらしい)、

渋滞や各ホテルに停まるので中々すんなりと進まない・・ 結局ペニンシュラで降りちゃいました。

このあと3つホテルを廻って、その次がホリデイ・インだったから。

お子さんが寝ちゃって大変そうだった家族連れの同じバスの方。

「ホリディ・インまでここで降りて近いんですか?」と聞かれたので、「信号渡れば斜め前ですよ」と返答。





ツアーは色んな意味で疲れました。

便利なんだけど、とにかく「忍耐」が必要不可欠。

連れて行ってもらって文句言うなって感じですが、やっぱり苦手です。

すでに23時近く。お部屋に戻りお風呂に入って就寝。


ホリディ・インの1Fロビー








アジアTOP 1日目 2日目 3日目 4日目